三角乗り。

b0220057_21201488.jpg


子供の頃、田舎に帰ると、自力で最も遠くへ行ける交通手段は祖父の自転車だった。

酒屋の自転車といえばわかりやすいだろうか。

ヒトに合わせて作られたモノではなく、ヒトがモノに合わせる時代のもの。

重くて、頑丈で、もちろん子供の足など届くはずもない。

それでも、自転車は世界を広げるために欠かせないアイテムであって。

自分を自転車に合わせるしかなければ、そうするのだ。

だから、三角乗り。

創意と工夫に満ちていて、スリキズ、キリキズを作りながらも、あたかもそういう乗り方があるように。

そこには、今はあまり感じることのない克服する喜びが、当たり前にあった気がする。
[PR]
by nomurahidefumi | 2012-08-31 21:22 | モノニツイテ


日々のぶつぶつ


by nomurahidefumi

プロフィールを見る

contact

なにかあったらこちらまで。
nomurahidefumi
@excite.co.jp

検索

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

カテゴリ

全体
日々写真
モノニツイテ
おしらせ
からだとこころ
未分類

タグ

最新の記事

引っ越しました。
at 2016-06-12 14:03
デジタルって、
at 2016-06-12 00:27
BTTF
at 2015-10-20 19:07
別腹。
at 2015-10-11 10:49
都合の良い言葉を並べて、
at 2015-09-24 23:03

その他のジャンル